このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

title_logo

本会は、医学の研究を奨励し、会員相互の学識を高め、医学の進歩に貢献することを目的とする。

img_back2


h_show

川崎医学会賞は,本学会25周年記念事業の一環として若い研究者の論文に対して授ける賞で,研究奨励賞は大学院在学中もしくは卒後2年以内の先生が筆頭著者であり,本学で行われた研究を公表された論文を公募して,大学の研究委員会で審査,選定していただいております。また,医学会誌論文賞は本学会の機関誌に掲載された論文の中から,医学会機関誌編集委員会で審査選定しております。その結果を受けて,医学会運営委員会にて決定し,総会にて報告,受賞者の先生には賞状と副賞を授与し,受賞講演会を行って頂いております。

研究奨励賞推薦書 (MS-W) (PDF) をご利用下さい。

第17回
(2017年)

研究奨励賞

清水 里紗(現・血液内科学 臨床助教)

Sphingosine-1-phosphate receptor 1 as a prognostic biomarker and therapeutic target for patients with primary testicular diffuse large B-cell lymphoma. British Journal of Haematology 174:264-274,2016

医学会誌論文賞

岡 大五(現・皮膚科学 臨床助教)

Sphingosine-1-phosphate receptor 1 expression in angiosarcoma:Possible role in metastasis and a potential therapeutic target. Kawasaki Medical Journal 42:31-45, 2016

松野 岳志(現・病理学1 臨床助教)

シナプスマーカーVGLUT1, VGAT を用いた嗅球神経回路の新たな形態学的解析.川崎医学会誌 42:127-142,2016

第16回
(2016年)

研究奨励賞

角谷 裕之(元・腎臓・高血圧内科学  臨床助教)

Excess aldosterone is a critical danger signal for inflammasome activation in the development of renal fibrosis in mice. Federation of American Societies For Experimental Biology (FASEB J) 29:3899-3910,2015

医学会誌論文賞

平野 紘康(現・リウマチ・膠原病学 講師) 

TNF receptor type 2 transmits caspase-dependent apoptotic signals in fibroblast-like synoviocytes derived from rheumatoid arthritis. Kawasaki Medical Journal 41: 29-40, 2015

徳岡晋太郎(現・形成外科学 講師)

成体マウス脳における嗅覚系新生ニューロンの遊走に関する三次元構造解析 川崎医学会誌 41: 57-73,2015

第15回
(2015年)

研究奨励賞

岩下 美里(元解剖学大学院生、現理化学研究所)

Systematic profiling of spatiotemporal tissue and cellular stiffness in the developing brain. Development 141:3793-3798,2014

黒瀬 浩史(呼吸器内科学 臨床助教)

Increase in Activated Treg in TIL in Lung Cancer and In Vitro Depletion of Treg by ADCC Using an Antihuman CCR4 mAb (KM2760).Journal of Thoracic Oncology 10:74-83,2015

医学会誌論文賞

雜賀 太郎(耳鼻咽喉科学 臨床助教) 

Eosinophils facilitate antigen-specific T-cell proliferation and aggravate antigen-induced arthritis. Kawasaki Medical Journal 40:13-22, 2013

蛭川 英典(糖尿病・代謝・内分泌内科学 臨床助教)

肥満糖尿病モデルdb/db マウスにおけるDPP-4 阻害薬とチアゾリジン誘導体の併用による相加的膵β細胞保護作用とその分子機構.川崎医学会誌 40:13-26,2014

第14回
(2014年)

研究奨励賞

城所 研吾 (腎臓・高血圧内科学大学院生)

Maintenance of endothelial guanosine triphosphate cyclohydrolase I ameliorates diabetic nephropathy. Journal of the American Society of Nephrology 24 : 1139-1150,2013

医学会誌論文賞

鎌尾 浩行 (眼科学1 臨床助教)

Generation of retinal pigment epithelium from human induced pluripotent stem cells showed polarized secretion of VEGF and PEDF. Kawasaki Medical Journal 39 : 155-162, 2013

山下 哲正 (乳腺甲状腺外科学大学院生兼務レジデント)

エストロゲン受容体陽性乳癌細胞における抗エストロゲン薬とmTOR阻害薬エベロリムスの細胞増殖及び癌幹細胞制御に対する効果. 川崎医学会誌 39 : 65-79, 2013

第13回
(2013年)

研究奨励賞

大植 祥弘(呼吸器内科学 臨床助教)

Spontaneous antibody, and CD4 and CD8 T-cell responses against XAGE-1b (GAGED2a) in non-small cell lung cancer patients.International Journal of Cancer 131(5) : E649-E658, 2012

医学会誌論文賞

塩谷 昭子(消化管内科学 准教授)

当院における小腸カプセル内視鏡検査の5年間の集計.川崎医学会誌 38 : 97-105, 2012

川中 美和(総合内科学2 准教授)

A prospective study showing poor prognosis in Japanese NASH patients with fibrosis stage F3-4. Kawasaki Medical Journal 38 : 119-127, 2012

第12回
(2012年)

研究奨励賞
下田 将司 (糖尿病・代謝・内分泌内科学臨床助教)
The human glucagon-like peptide-1 analogue liraglutide preserves pancreatic beta cells via regulation of cell kinetics and suppression of oxidative and endoplasmic reticulum stress in a mouse model of diabetes.Shimoda M, Kanda Y, Hamamoto S, Tawaramoto K, Hashiramoto M, Matsuki M, Kaku K. Diabetologia. 54: 1098-108, 2011
医学会誌論文賞
濱本 純子 (糖尿病・代謝・内分泌内科学大学院生)
DPP-IV 阻害薬 Vildagliptin による膵β細胞保護作用の分子機構の解明~2型糖尿病モデルおよび非糖尿病コントロールマウスを用いた検討. 川崎医学会誌 37 : 195-210, 2011
池田 充典(生化学教室講師)
Characterization of the functional domains and quantification in the cells of a steroid receptor-binding protein, SRB-RGS. Kawasaki Medical Journal 37 : 43-55, 2011

第11回
(2011年)

研究奨励賞
松岡亮仁(前 生化学系分野病態検査学大学院生)
Lenalidomide induces cell death in an MDS-derived cell line with deletion of chromosome 5q by inhibition of cytokinesis. Leukemia 24: 748-755, 2010
医学会誌論文賞
俵本和仁(糖尿病・代謝・内分泌内科臨床助教)
血管内皮細胞PDK1シグナルの生理的役割の解明~血管内皮特異的PDK1欠損マウスを用いた検討.川崎医学会誌 36: 301-312, 2010
久保裕司(心臓血管外科学臨床助教)
A benefical effect of thymosin β 4 plasmid on suppression of the extension of myocardial scar formation in rat acute muocardial infarction. Kawasaki Medical Journak 36: 5-11, 2010

第10回
(2010年)

研究奨励賞
浪越為八 (現・福山市民病院内科医員)
Oral adsorbent AST-120 ameliorates endothelial dysfunction independent of renal function in rats with subtotal nephrectomy. HypetensionResearch 32:194-200, 2009
元・大学院組織培養免疫系分子血管・血圧制御学
医学会誌論文賞
藤野正弘(現・川崎医療福祉大学健康体育学科非常勤講師)
MRL-MpJ創傷治癒形質導入はデュシェンヌ型筋ジストロフィーモデルマウスの骨格筋病変を改善する。川崎医学会誌35 : 295-305, 2009
元・川崎医療福祉大学健康体育学科ティーチング・アシスタント
林 宏明(現・皮膚科学臨床助教)
Is soluble CD40 ligandan indicator of immunopathologicaldisturbance in silicosis patients? Kawasaki Medical Journal 35 : 129-138, 2009
元・大学院環境生態系分子予防環境医学

第9回
(2009年)

研究奨励賞
原 綾英(泌尿器科学教室 臨床助教)
Optimal Approach for Prostate Cancer Detection as Initial Biopsy: Prospective Randomized Study Comparing Transperineal Versus Transrectal Systematic 12-Core Biopsy. Urology 71(2):191-195, 2008
医学会誌論文賞
山村真弘(臨床腫瘍学教室 講師)
胃癌細胞株に対するtranilastの抗腫瘍効果とその機序.川崎医学会誌34(1):7-20, 2008
田中芳幸(前リハビリテーション医学教室 大学院生)
Muscle fiber conduction velocity and enzyme histochemistry of muscle in a rato model of chronic cerebral hypoperfusion. Kawasaki Med J 34(1):69-79,2008

第8回
(2008年)

研究奨励賞
春名克祐(内科学(腎)教室 臨床助教)
Amelioration of progressive renal injury by genetic manipulation of Klotho gene. Proc. Natl. Acad.Sci. USA, 104(7):2331-2336,2007
医学会誌論文賞
菅田有紀子(内科学(内分泌・糖尿病)教室 臨床助教)
db遺伝子による肥満糖尿病発症の分子機構の解明―db遺伝子負荷が膵β細胞機能に及ぼす影響―.川崎医学会誌33(1):11-21, 2008
森田正則(救急医学教室 講師)
New Monochromatic Synchrotron Radiation Microangiography System to Measure Intra-and Extracerebral Arteriole Change in the Rat. Kawasaki Med J 33(2):67-77, 2008

第7回
(2007年)

研究奨励賞
森田倫正(元・耳鼻咽喉科学教室 臨床助手)
Improvement of the Tumor-Suppressive Effect of Boron Neutron Capture Therapy for Amelanotic Melanoma by Intratumoral Injection of the Tyrosinase Gene. Cancer Research 66(7):3747-3753, 2006
医学会誌論文賞
高田温行(大学院 生化学系創傷病態生化学)
欠損型マイオスタチン受容体による筋分化の促進効果 川崎医学会誌32(4):175-186, 2006
山下和城(外科学(消化器)教室 准教授)
Induction of Dihydropyrimidine Colorectal Cancer. Kawasaki Med.J. 32(4):195-204, 2006

第6回
(2006年)

研究奨励賞
根石陽二(内科学(循環器)教室 講師)
Evaluation of bioavailability of nitric oxide in coronary circulation by direct measurement of plasma nitric oxide concentration. PNAS 102:11456-11461, 2005
三上誠(元・大学院 生化学系血球生化学)
Hypoxia-inducible foctor-1 drives the motility of the erythroid progeneitor cell line, UT-7/Epo, via autocrine motility factor. Exp Hematol 33:531-541, 2005
医学会誌論文賞
山本康弘(大学院 生化学系創傷病態生化学)
顎顔面形態形成に関わるFGF-8の解析.川崎医学会誌31(3):151-159,2005
目谷浩通(海外留学中)
Inhibitory effects of steroid-induced myopathy on muscle fiber conduction velocity. Kawasaki Med.J. 131(1.2):17-26,2005

第5回
(2005年)

研究奨励賞
大澤裕(大学院 神経病態生化学)
Overexpression of P104L mutant caveolin-3 in mice develops hypertrophic cardiomyopathy with enhanced contractility in association with increased endothelial nitric ozide synthase activity. Human Molecular Genetics 13(2):151-157, 2004
医学会誌論文賞
釋舍竜司(放射線医学(治療)教室 臨床助手)
放射光(単色X線)微細血管造影法を用いた腫瘍微細血管の形態評価:放射線照射および血管新生関与因子投与の腫瘍微少循環系の影響.川崎医学会誌30(2):83-97,2004
平井敏弘(外科学(消化器)教室 助教授)
Are there any problems with Siewert’s classification for cancer of the cardia? Kawasaki Med.J. 30(1・2):29-35, 2004

第4回
(2004年)

研究奨励賞
該当者なし
医学会誌論文賞
川崎史子(内科学(内分泌・糖尿病)教室 臨床助手)
薬剤介入による肥満糖尿病マウス脾β細胞機能障害の抑制効果―diazoxideとpioglitazoneの作用および作用機序の比較検討.川崎医学会誌29(2):115-130, 2003
熊野一郎(解剖学教室 助手)
Ganglion cell differentiation and intermediate filaments in the cervical dorsal root ganglion of the chick embryo. Kawasaki Med.J. 28(2.3.4):57-69, 2002

第3回
(2003年)

研究奨励賞
藤井智浩(泌尿器科学教室 大学院生兼務レジデント)
Effect of hypoxia on human seminoma cells. Int J Oncol 20:955-962, 2002
医学会誌論文賞
平井滋夫(大学院 組織培養免疫系内耳免疫形態学)
マウス内耳発生によるTUNEL陽性死細胞の形態学的観察―CDDP投与における変化について.川崎医学会誌28(4):287-296,2002
十倉健彦(大学院 組織培養系分子免疫学)
Transdominant negative FGF receptors inhibit proliferation of cultured glomerular mesangial cells. Kawasaki Med.J. 27(2):43-51, 2002

第2回
(2002年)

研究奨励賞
田中幸子(産婦人科学教室 大学院生兼務レジデント)
Expression of indoleamine 2,3-dioxygenase and tryptophan 2,3-dioxygenase in early concepti. Biochem J 355:425-429, 2001
医学会誌論文賞
小堀陽一郎(前・大学院形態系消化管形態病理学)
家族性大腸腺腫のゲノムAPC遺伝子変異と臨床徴候の関係に関する研究.川崎医学会誌27(4), 279-292,2001
矢田健一郎(大学院生科学系血球生化学)
Expression of angiogenic factors in myeloma cells. Kawasaki Med.J. 27(1):23-32, 2001

第1回
(2001年)

研究奨励賞
宇野雅子(耳鼻咽喉科学教室 臨床助手)
Expression of cell cycle regulator genes in KB, nasopharyngeal squamous cell carcinoma cell line, after irradiation. Int J Oncol 17(5):947-954, 2000
医学会誌論文賞
森幸威(耳鼻咽喉科学教室 臨床助手)
マウス胎子における嗅上皮の発達―走査電顕による観察.川崎医学会誌26(4):211-221,2000
田中泰雅(産婦人科学教室 大学院生兼務レジデント)
Prognostic factors of the outcome of cervical intraepithelial neoplasia in association with human papillomavirus in patients with long-term follow-up. Kawasaki Med.J. 26(1):1-7,2000