このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

title_logo

本会は、医学の研究を奨励し、会員相互の学識を高め、医学の進歩に貢献することを目的とする。

img_back2

h_kaisoku

第1章

総則
第1条 本会は、川崎医学会(Kawasaki Medical Society)と称する。
第2条 本会の事務所を川崎医科大学内におく。

第2章

目的および事業
第3条 本会は、医学の研究を奨励し、会員相互の学識を高め、医学の進歩に貢献することを目的とする。
第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 機関誌の発行
(2) 学術講演会の開催
(3) 川崎医科大学学術集会を共催
(4) 川崎医学会賞の授与
(5) 会員総会、評議員会の開催
(6) その他必要な事業

第3章

会員
第5条
1 本会の会員は、正会員、名誉会員および賛助会員に区分する。
2 正会員は、次に掲げる者とする。

  • (1) 川崎医科大学および川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センターの教員、レジデント、研修医
  • (2) 川崎医科大学大学院生
  • (3) 川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学および川崎リハビリテーション学院の教員もしくは医師で、本会に入会を希望する者
  • (4) その他、会員の推薦により運営委員会で入会を認められた者
3 名誉会員は、功労のあった会員とする。また名誉会員は、役員には就かないこととする。
4 賛助会員は、本学会の目的および事業に賛同する学協会・企業・団体とし、運営委員会による審査、評議員会・総会による承認を経て、賛助会員となる。

第4章

役員
第6条
本会に次の役員をおく

  • (1) 会 長 1名 :川崎医科大学学長を推す。
  • (2) 副会長 若干名:川崎医科大学副学長を推す。
  • (3)運営委員長 若干名:川崎医科大学医学会担当教員を推す。
  • (4)評議員 若干名:総会で選出する。
  • (5)運営委員 若干名:評議員の中から互選する。
  • (6)編集委員長 1名:運営委員長が指名する。
  • (7)編集委員 若干名:編集委員長が委嘱する。
  • (8)監 事 2名:会長が、委嘱する。
第7条
会長と副会長の任期は,川崎医科大学学長および副学長の任期と同じとする。その他役員の任期は,2年とし再任を妨げない。

第8条
役員は、次の事務を分掌する

  • (1)会長は、本会を代表し、かつ、本会会務を総括する。
  • (2)副会長は、会長を補佐し、かつ、会長に事故あるときはその職務を代行する。
  • (3)運営委員長は、本会の事業の実践について、企画運営を行う。
  • (4)運営委員は、庶務、会計、講演会など本会の会務を分担する。
  • (5)評議員は、本会の会務について審議する。
  • (6)編集委員長ならびに編集委員は,機関誌の編集・発刊に関する業務を行う。
  • (7)監事は、本会の事業の執行状況および会計について監査する。
  •    また監事は本会の他の役職には就けない。

第5章

会議
第9条
1 会員総会は、年1回会長が招集し、業務報告、会計決算、予算案、役員の選出などを審議する。
2 臨時総会は、会長が必要と認めたときに開催する。
第10条
1 評議員会は、会長、副会長および評議員で構成し、年1回会長が招集する。
2 臨時評議員会は、会長が必要と認めたときに開催する。
第11条
運営委員会は、会長、副会長および運営委員で構成し、必要に応じて会長が召集する。
第12条
1 総会の議長は、総会での互選により決める。評議員会および運営委員会の議長は運営委員長があたる。
2 会議の議決は、出席者の過半数をもって決し、賛否同数のときは議長がこれを決める。但し、総会において会則の改訂、予算、決算などの重要な事項に関しては、出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。

第6章

会計
第13条
1 本会の経費は、年会費、寄付金およびその他の収入をもってこれにあてる。
2 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
3 会費を2年以上滞納した会員は、脱会したものとみなす。
第14条
1 正会員の年会費は、8,000円とする。
2 賛助会員の年会費は、50,000円とする。
3 名誉会員は、年会費を免除する。
4 納入された会費は、返却しない。

第7章

機関誌
第15条
1 本会は,機関誌として川崎医学会誌(KAWASAKI IGAKKAI SHI),Kawasaki Medical Journalおよび川崎医学会誌 一般教養篇(KAWASAKI IGAKKAISHI LIBERAL ARTS & SCIENCES)を発行する。
2 機関誌編集委員会は、春季ならびに秋季に編集委員会を開催する。
3 投稿論文に関してはピアレビュー制度をもって査読を行い,採否を決定する。

第8章

学術講演会
第16条
1 本会は、会員の学術研究の向上、相互研修の目的で、学術講演会を開催する。
2 講演会運営の詳細あるいは経費などについては、別に定める。
3 講演会担当運営委員が、その企画運営の実践にあたる。

第9章

川崎医科大学学術集会の共催
第17条
1 本会は、川崎医科大学学術集会を共催し、その活性化に寄与する。
2 学術集会時に、評議員会、会員総会を開催する。
3 学術集会時に、川崎医学会賞受賞者の講演を実施する。
4 その他、学術集会の円滑な運営に協力する。

第10章

川崎医学会賞の授与
第18条
1 本会に川崎医学会賞を設ける。
2 医学会賞には奨励賞と論文賞を設け、規定の詳細は別に定める。
3 奨励賞は、自他薦による公募を行い、川崎医科大学研究委員会に候補者の選定を委嘱する。また論文賞は、本会機関誌の掲載論文を対象として、機関誌編集委員会が対象論文候補を選定する。両会の上申を受け、川崎医学会運営委員会にて、決定する。
4 川崎医科大学学術集会において授賞式を執行し、受賞講演を実施する。
(新たに会則の変更について章を設ける)

第11章

会則の改訂
第19条
本会則の改訂は,総会の承認を要する。

  • 附則
  • この会則は、1975年3月12日から施行する。
  • 1976年12月8日改訂
  • 1977年7月13日改訂
  • 1979年5月23日改訂
  • 1983年6月21日改訂
  • 1984年6月20日改訂
  • 1985年6月26日改訂
  • 1987年6月10日改訂
  • 1991年6月12日改訂
  • 1994年11月30日改訂
  • 2009年7月29日改訂
  • 2013年8月3日改訂
  • 2014年8月2日改訂
  • 2015年8月1日改訂
  • 2016年8月6日改訂
  • 2016年12月1日改訂